オトナとしてひとつは持っていたいブランド時計はこれ

ルイヴィトンは、モノグラムをはじめ、日本人にとっても、なじみがあり、有名です。
Topics

ルイヴィトンに関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
財布やバッグで多く見かけるブランドにルイヴィトンがあります。
好きな人は、学生から愛用しているケースも多いですね。
飽きのこないデザインですし、丈夫です。
創業者は、ルイヴィトンで、トランク職人だった彼は、早期に、成功をおさめ、今のような有名ブランドになっています。
昔は、馬車や汽車での移動が多く、荷物は手荒に扱われてしまい、かばんが壊れてしまうこともあったようです。
ヴィトンは頑丈なカバンを作り、後世には、金庫になるような頑丈なカギが付いたトランクが出来上がりました。
なかなか壊れないで、金庫にもなるなら、旅行者には重宝されるものだったでしょう。
ルイヴィトンのアトリエは、アトリエ開業の1859年からパリにあり、今でもそのアトリエで、製品が生み出されています。
少人数から始まったアトリエも、当初は20名だったのが、200人を超え、急速に成長を遂げました。
今でも優れたデザインの製品が生み出されてます。
アトリエにある、ヴィトン家の邸宅の一部は、プライベートミュージアムになっています。
16世紀の旅行用品などのコレクションを展示しています。
モノグラム製品もありますし、スペアタイヤコンテナなど今では見かけることのないものが多く展示されていますので、ヴィトン好き、または、旅行用品好きには面白いところでしょう。
モノグラムは100周年迎えるほど、みんなから愛されているものです。
100周年を記念し、デザイナーがそれぞれ特徴あるバッグをデザインしています。
レコードケース、シューズトランク、一風変わった傘内蔵のバッグパックやバナナ型のバムバッグなどがあります。
ルイヴィトンの製品は、有名なだけに、偽物も多く出回っていますので、注意が必要ですね。
安いからと言って飛びついたりせず、出所を確認し、本物を身に付けたいものです。
製品は、オンラインショップでも購入可能で、公式サイトを利用すると安心でしょう。
ポーチ、財布などの小物などもあります。
さらには、ペット用の製品もそろっており、首輪やリードなども探すことができるでしょう。
大切なペットとおそろいのブランドを身に付けることができます。
お気に入りの製品が修理が必要になった時も、修理に熟練している職人が、パリと同じパーツをそろえて直してくれます。
また、修理箇所などは、依頼主と相談してくれますので安心して依頼できるでしょう。
持ち込みまたは郵送で修理依頼し、見積もり内容を確認後に修理をしてくれます。
長く大切に使っていきたいですね。

Copyright 2019 オトナとしてひとつは持っていたいブランド時計はこれ All Rights Reserved.