オトナとしてひとつは持っていたいブランド時計はこれ

スウェーデンでは、建物のデザインにこだわるなど、家具のデザインにもこだわりがあり、優れた北欧家具ブランドを紹介します。
Topics

スウェーデンの家具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近人気になっているものに北欧ブランドがあります。
有名なものには、スウェーデンの家具メーカーがありますし、北欧の家具メーカーの進出が目立ち始めていますね。
また雑貨店でも北欧デザインの雑貨店の展開があります。
北欧好きには街にまった店舗展開なのではないでしょうか。
北欧家具は、通信販売で購入できるオンラインショップもあり、遠くの家具屋から買ってきて運び入れなくても、運んでもらえるところがあります。
北欧だからと言って、フローリングにしかあわないということもなく、畳の家でもぴったりくる家具が豊富にありますし、畳を傷つけないようにラグや部分ラグなども多数そろっています。
北欧家具の特徴としては、木製など自然の素材を取り入れたものが多くみられます。
夏には、緑、水色や青などの涼しい色を取り入れ、視覚的にも快適に過ごします。
北欧は、比較的涼しい気候ですが、ときどき暑くなる日もありますので、家にはパラソルを置いて、バルコニーで読書をする北欧人も多くいます。
日本でもバルコニーがあれば、北欧気分で、椅子とテーブルを用意し、日よけのパラソルを挿して、涼しく過ごすのも楽しいでしょう。
その時に飲む飲み物もペットボトルから直接飲むのではなく、北欧製の涼しい色のガラスコップを使えば、気分も変わってきます。
また、寒くて暗い冬が長い北欧では、家の中を明るく楽しく過ごすために、冬は暖色系のカーテンやテーブルクロスなどで飾り、明るく保ちます。
冬場では午後4時には日が暮れてしまいますから、明るく暖かい家を保とうとするわけです。
太陽が出ない代わりに、ろうそくをともして窓際を飾ります。
北欧を旅しているときに、家の近くを通るのであれば、北欧の人たちは道行く人の目を楽しませてくれるでしょう。
スウェーデンでは、デパートの建物であっても、モダンなものではガラス製で波打った壁になっていたり、図書館でさえも有名な建築家のデザインになっていたりするものが多く、観光客の目を惹きます。
デザインにこだわりのあるスウェーデンの家具は、木製であることが多いので、傷がつけば、研磨すればきれいになりますし、用法を誤らなければたいてい長持ちします。
お気に入りのシンプルな家具を買えば、いつまでも大切に使っていけます。
何度も買い換えなくて済みますし、シンプルであれば飽きが来ることもまれです。
木製の家具というと、お値段が高いことがありますが、長い目で見れば、安いものを何回も買うよりもお得なこともあります。

ブランドのピックアップサイト

Copyright 2019 オトナとしてひとつは持っていたいブランド時計はこれ All Rights Reserved.