オトナとしてひとつは持っていたいブランド時計はこれ

世界三大高級時計のパティックフィリップは、後世に残せる時計で修理にも力を入れています。
Topics

パティックフィリップに関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界三大高級時計の1つであるパティックフィリップは、ヴァシュロン・コンスタンタンと同様、スイスの時計ブランドです。
ロンドンでの第一回世界万博で、ヴィクトリア女王から称賛された経歴をもち、どんなに古いパティックフィリップの時計でも修理をすることができる、一生物になる時計です。
修理可能である信頼性から、その後、子から孫へと受け継いでいくことも可能と言われています。
使い捨ての多くなっている時代ですが、古いものでも一生または次の世代に渡せるものがあるということは、大切な伝統とともに、持ち主の思いも伝えることができるので、古くなるごとに素晴らしい贈り物になっていくでしょう。
パティックフィリップの創業は1839年で歴史も古く、著名人たちにも愛され続けている、最高の時計を製造してきました。
愛用者には、アインシュタインもいます。
多くの特許を獲得しているメーカーでもあり、時計の種類もたくさんあります。
永久カレンダーを搭載したモデルがあり、4年のサイクルでメモリが記載することで、正しい日付を刻んでいけるものがあります。
旅行好きの方のためには、ワールドタイムを一目でわかるタイプがあります。
このモデルには、20種類以上のタイムゾーンが刻まれています。
主要な都市は、カバーしてくれますので、時刻が設定できないなどの、心配がいりません。
簡単なボタン操作でタイムゾーンの変更が可能ですので、ユーザーの手を紛らわせません。
複雑なデザインが好きな人には、スカイムーン・トゥールビヨンというタイプがあります。
パティックフィリップ製品の中で最も複雑で、使われている部品は600個を超えます。
顕微鏡でしか見えない部品も、時計の中には仕込まれています。
女性用には、ジュエリーウォッチがあります。
文字盤にダイヤモンドをあしらったものがあり、貴婦人にぴったりの製品です。
文字盤とケースにダイヤモンドがあしらわれていて、モデルによっては、ブレスレット部分にもダイヤモンドで飾り付けられています。
高級品とあり、500万円を超える時計もあり、お値段は高めですが、一生物になる時計はこれ以外には見つからないでしょう。
また、後世に伝えられるだけの価値があります。
パティックフリップの国際修理保証は、2年間となっています。
修理は正規代理店で見積もりをし、修理をしてもらうと安心です。
修理は保証期間を過ぎれば、有料修理にはなりますが、何十年たった後でも、直してくれるのは利点ですね。

Copyright 2019 オトナとしてひとつは持っていたいブランド時計はこれ All Rights Reserved.